メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

空き地に集められた台風15号の影響で落ちた屋根瓦などの災害ごみ=千葉県鋸南町で2019年9月13日午前11時22分、玉城達郎撮影

[PR]

 大規模停電が続く千葉県で14、15日、停電の復旧時に発生する「通電火災」の疑いがある火災が相次いだ。電気配線などが損傷していると復旧に伴って火災が起きる場合があり、消防庁が注意を呼び掛けている。

 県警千葉中央署などによると、15日午後4時ごろ、千葉市中央区で「家から煙が出ている」と近くの女性から110番があった。木造2階建て住宅が全焼し、1人暮らしの男性(89)が2階から逃げる際に足を痛めた。男性は停電で家を離れていたが、15日に帰宅してブレーカーを入れたところ出火したという。

 また14日午後3時ごろには、君津市の住宅に隣接する倉庫から出火し、全焼した。けが人はなかった。君津署によると、停電から復旧して間もなく火災が発生したという。いずれの火災も通電火災の疑いがあり、両署が調べている。

 消防庁によると、屋根や外壁の破損などで配線が損傷していると、通電再開直後に火災が発生する場合がある。停電中の自宅を離れる際はブレーカーを落とす▽通電が再開したら配線やコードが損傷していないか安全確認をする――といったことが必要だ。【宮本翔平】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  4. 「幸楽苑」150店舗を当面休業 台風19号が福島・郡山の工場に影響

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです