メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

停電や断水に激しい雨も 眠れぬ夜 募る疲労 台風15号・1週間

台風15号の被害を受けた主な地域

 千葉県を中心に大規模停電をもたらした台風15号の上陸から16日で1週間を迎えた。停電や断水が続く県内の被災地はこの日、激しい雨に見舞われ、住民の疲労はさらに深刻さを増している。高波の被害を受けた横浜市や、多くの家屋に被害が出た東京・伊豆諸島の一部でも復旧が見通せない状態が続いている。

 激しい雨のために16日、土砂災害警戒情報が出された千葉県館山市は市内全域の約2万3000世帯に避難勧告を出した。北川港司(こうじ)さん(78)、文子さん(74)夫妻は自宅の停電と断水が復旧せず、4日目から同市北条の避難所に身を寄せている。台風で屋根を飛ばされたまま雨を迎え、夫妻は「雨で家は水浸し。どうすることもできない」と肩を落とした。

 漁協職員、村井裕之さん(56)は損壊した鋸南(きょなん)町の自宅の屋根を15日にブルーシートで覆い、雨に備えたという。「すごい雨音で風も強く、シートにたまった水が地面に落ちる音が絶えず聞こえた。朝に確認すると、窓やシートの隙間(すきま)から水が入っていた」と話した。

この記事は有料記事です。

残り861文字(全文1308文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  4. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです