メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外アーモンドアイ2着 史上初8冠逃す 安田記念

「相撲は人生そのもの」37歳の元関脇・嘉風が引退会見

引退の記者会見で心境を語る元関脇・嘉風の中村親方(左)と師匠の尾車親方(元大関・琴風)=東京都墨田区の第一ホテル両国で2019年9月16日午前10時10分、村社拓信撮影

 大相撲秋場所で現役を引退した元関脇・嘉風の中村親方が16日、東京都内で記者会見を開き、「入門したときは、37歳まで現役を続けることは想像できなかった」と2004年初場所初土俵から約16年間の現役生活を振り返った。

 中村親方は今年6月、故郷の大分県佐伯市で渓流下りのイベントに参加した際に右膝を負傷。足首には今もまひが残っているという。「なんとか土俵に戻りたいという思いでリハビリを続けていた…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文492文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ペナルティのワッキーさん、中咽頭がん治療のため一時休養

  2. 匿名の刃~SNS暴力考 ブス、ばか…はるかぜちゃんが受け続けてきた悪意 選んだのは「訴訟」

  3. 「アベノマスク」どう使う? 宮城の配布率20~30%「宣言解除後に届いても…」

  4. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  5. ポストコロナの世界 「人生は富を築くだけのものなのか」 “世界一貧しい”元大統領がコロナ禍で問う価値観

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです