メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「相撲は人生そのもの」37歳の元関脇・嘉風が引退会見

引退の記者会見で心境を語る元関脇・嘉風の中村親方(左)と師匠の尾車親方(元大関・琴風)=東京都墨田区の第一ホテル両国で2019年9月16日午前10時10分、村社拓信撮影

師匠の尾車親方「『この子は僕の弟子だ』とすごく誇りに」

 大相撲秋場所で現役を引退した元関脇・嘉風の中村親方が16日、東京都内で記者会見を開き、「入門したときは、37歳まで現役を続けることは想像できなかった」と2004年初場所初土俵から約16年間の現役生活を振り返った。

 中村親方は今年6月、故郷の大分県佐伯市で渓流下りのイベントに参加した際に右膝を負傷。足首には今もまひが残っているという。「…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文492文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  4. GSOMIAは継続 韓国が日本に伝達 政府関係者明らかに

  5. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです