メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「自分の相撲を取り切る」夏場所優勝の朝乃山が勝ち越しに王手

体勢を崩しながらも阿炎(左)の攻めに耐える朝乃山=東京・両国国技館で2019年9月16日、喜屋武真之介撮影

大相撲秋場所9日目(16日、東京・両国国技館)

 夏場所優勝の朝乃山が、勝ち越しに王手をかけた。阿炎ののど輪に天井を向き、いなされて背後に回られたが、動き続けてしのいだ。さらにのど輪で攻められ、えび反りになって俵に詰まったが、ここから双差しになると、体を入れ替えて寄り切った。「下半身がしっかりしている…

この記事は有料記事です。

残り98文字(全文248文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 岐阜・民家襲撃事件、岐阜県警が男3人を逮捕 強盗致傷・住居侵入容疑

  4. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです