メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

左からすくい投げ、明生が1敗守り主役の一人に名乗り

すくい投げで琴奨菊(下)を破った明生=東京・両国国技館で2019年9月16日、宮武祐希撮影

大相撲秋場所9日目(16日、東京・両国国技館)

 明生が元大関の琴奨菊を転がし、1敗を守った。横綱不在の場所で、主役の一人に名乗りを上げた。

 双差しを狙ったが、琴奨菊得意の左差しを許し、土俵際まで押し込まれた。焦りはしたが、「左を奥まで差していた。右もいい位置をつかんでいた」と明生。左に回り込みながら勝機を探り、左からすくい投げ。自己最速の9日目で勝ち越しを決めた。

 鹿児島・奄美大島出身。15歳だった2011年技量審査場所で初土俵を踏み、昨年名古屋場所で新入幕。再…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文488文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  3. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  5. 特集ワイド 新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです