メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

左からすくい投げ、明生が1敗守り主役の一人に名乗り

すくい投げで琴奨菊(下)を破った明生=東京・両国国技館で2019年9月16日、宮武祐希撮影

 明生が元大関の琴奨菊を転がし、1敗を守った。横綱不在の場所で、主役の一人に名乗りを上げた。

 双差しを狙ったが、琴奨菊得意の左差しを許し、土俵際まで押し込まれた。焦りはしたが、「左を奥まで差していた。右もいい位置をつかんでいた」と明生。左に回り込みながら勝機を探り、左からすくい投げ。自己最速の9日目で勝ち越しを決めた。

 鹿児島・奄美大島出身。15歳だった2011年技量審査場所で初土俵を踏み、昨年名古屋場所で新入幕。再入幕の同九州場所から4場所連続勝ち越し、先場所は前頭4枚目まで番付を上げたが、上位陣の壁にはね返されて負け越した。

この記事は有料記事です。

残り221文字(全文488文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警、アベノマスク窃盗容疑で81歳逮捕 自宅からも78枚見つかる

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  4. 岐阜、長野、茨城……相次ぐ地震の原因は、南海トラフとの関連は 気象庁に聞いた

  5. 20代男性死亡、死者3人に 容疑者「家族殺すつもりだった」 兵庫・ボーガン事件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです