メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

朝鮮語に生きた塚本勲さん、85歳の怒りと執念 隣国理解、まず言葉から 韓国たたきばかりの政治・マスコミ

自宅居間で朝鮮語を教える塚本勲さん(奥)。相変わらず脱線ばかりだが、年齢を感じさせない熱血講義だ=奈良県生駒市で2019年9月8日、山田尚弘撮影

 終わりなき日韓の対立を憂えながら、ふと恩師である大阪外大(現大阪大)朝鮮語学科教授だった塚本勲さんの顔が浮かんだ。延べ300人、23年の歳月をかけた22万語収録の「朝鮮語大辞典」を完成させただけでなく、85歳になってなお隣国の言葉を研究し、教えている。玄界灘の懸け橋になろうとした朝鮮語学者、その思いとは――。【鈴木琢磨】

 若い頃から柔道の有段者で偉丈夫だった先生だが、久しぶりに会ったら、すっかり痩せ細っていた。「あんま…

この記事は有料記事です。

残り2713文字(全文2925文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  3. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

  4. 銅管楽器作り挑戦 学園祭で親子ら 江津・職能短大 /島根

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです