メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

地震廃材、カフェで輝く リサイクル店から転身 熊本・大津町

被災家屋の床の間の板を活用したレジ台と、奥の小物入れも廃棄物を再利用している=熊本県大津町で

 2016年4月の熊本地震で被災して一時は廃業を考えた熊本県大津町のリサイクルショップ経営者が、被災家屋の廃材などで店舗をリフォームし、カフェ「ワイルドカフェ」としてよみがえらせた。映画にも出てきそうなアメリカンテイストの倉庫型店で、今年3月のオープン以来「『インスタ映え』する店」として人気を集めている。【城島勇人】

 オーナーの高松秀幸さん(40)は父滋幸さん(71)とリサイクルショップを経営していた。しかしフリーマーケットサイトの台頭などで売り上げが低迷。そこに熊本地震が起きた。店舗は一部損壊し、陳列していた家電や食器類などの商品も壊れて廃棄するしかなくなった。

この記事は有料記事です。

残り610文字(全文895文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  2. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  3. 国内の感染者、4万人超える 東京で新たに258人 大都市中心に拡大続く

  4. 「習志野隕石」船橋にも落下していた 7月の「火球」破片、国立科学博物館が確認

  5. 熱血!与良政談 河井夫妻はなぜ辞めない=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです