メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

地震廃材、カフェで輝く リサイクル店から転身 熊本・大津町

被災家屋の床の間の板を活用したレジ台と、奥の小物入れも廃棄物を再利用している=熊本県大津町で

 2016年4月の熊本地震で被災して一時は廃業を考えた熊本県大津町のリサイクルショップ経営者が、被災家屋の廃材などで店舗をリフォームし、カフェ「ワイルドカフェ」としてよみがえらせた。映画にも出てきそうなアメリカンテイストの倉庫型店で、今年3月のオープン以来「『インスタ映え』する店」として人気を集めている。【城島勇人】

 オーナーの高松秀幸さん(40)は父滋幸さん(71)とリサイクルショップを経営していた。しかしフリー…

この記事は有料記事です。

残り686文字(全文895文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. 福岡・天神ビブレが来年2月閉店 「天神コア」「福岡ビル」合わせ再開発

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです