メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ようこそ東北!ホストタウン

ラグビーW杯・東京五輪パラリンピック/10 秋田・美郷 タイのバドミントン /山形

夢の頂上決戦、心待ち 誘致の立役者、北都銀会長

 2017年7月25日、タイの首都バンコクのホテル。秋田県美郷町の松田知己町長(56)が同国バドミントン協会との合意書に署名した。この時、人口約2万人の秋田県南東部にある町が東京五輪に出場するタイ代表選手らの事前合宿地に決まった。

 タイは有数のバドミントン強豪国だ。女子シングルス、混合ダブルスに世界ランク10位以内の選手がいる(9月3日現在)。昨年9月のジャパンオープン男子シングルス決勝で、優勝した桃田賢斗選手と対戦したのもタイの選手だった。

 「ホストタウン活動のきっかけを作り、成功させるうえでの『強力なエンジン』だった」。松田町長がそう振り返るのは秋田県バドミントン協会の斉藤永吉会長(69)だ。秋田市に本店を置く地方銀行「北都銀行」頭取を08年から務め、4月から取締役会長に就いた地元経済界の重鎮だ。

この記事は有料記事です。

残り1132文字(全文1510文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 「現場感覚ではもう今が限界」埼玉医大教授のSNS投稿が拡散 コロナ楽観論を懸念

  5. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです