メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「国見石」の歴史知って 昭和まで町の特産品 作業体験、演奏会 石工フェスに200人 /福島

講師の三の輪俊幸さん(左)に教わりながら、真剣な表情で国見石を削る児童=福島県国見町内谷で

 江戸時代から昭和にかけて産出し、建材などとして使われた国見町特産の「国見石」の文化を伝える体験イベント「石工(ロック)フェス」が16日、同町内谷のJAふくしま未来小坂支店で開かれた。同町歴史まちづくりフォーラムと郡山女子大人間生活学科建築デザインコースの共催で2016年から始まり、今年で4回目。【渡部直樹】

 同町によると、国見石は町内産凝灰岩の総称で江戸時代に採掘が始まった。加工しやすく火に強いため、かま…

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文678文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  2. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  5. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです