メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いばらき魅力見つけ隊

坂東・県自然博物館 迫力の展示と充実の野外体験 /茨城

 今年11月に開館25周年を迎えるミュージアムパーク県自然博物館(坂東市大崎)。生き物の歴史や成り立ちを学べ、子どもたちを中心に人気だ。6月には累計の来館者数が1100万人に達した。人気の秘密を探ろうと、広報担当の泉水正和企画課長に館内を案内してもらった。

 「展示コーナーに入ると、驚きがありますよ」と泉水さん。体長9・1メートル、高さ5・3メートルのマンモスの骨格標本が表れた。1980年に中国・内モンゴル自治区の鉱山で発見された骨格の複製標本で、約3万4000年前に生息したという。その大きさに圧倒された。

 奥へ進むと「すごい、すごい!」と子どもたちの声が聞こえてきた。同じく内モンゴル自治区で85年に発見…

この記事は有料記事です。

残り796文字(全文1101文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです