メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民県連会長に柴山氏 参院補選「党本部と協議」 /埼玉

 自民党県連は16日、さいたま市内で臨時大会を開いた。会長を10年務めた新藤義孝衆院議員(61)=埼玉2区=が退任し、後任に副会長の柴山昌彦衆院議員(53)=埼玉8区=を選んだ。任期は2年。来月に迫った参院埼玉選挙区補選について柴山氏は「党本部とも協議して方針を決めたい」と述べるにとどめた。

 県連関係者によると、新藤氏は8月30日の役員会で会長を辞任する意向を示していた。臨時大会のあいさつで、8月の知事選で擁立したスポーツライターの青島健太氏(61)が落選したことに触れ、「…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文599文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  2. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  3. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  4. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  5. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです