メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

恵那・笠置発電所改良工事 関西電力が安全祈願 /岐阜

木曽川水系の関西電力・笠置発電所=岐阜県恵那市飯地町岩浪で

 木曽川水系の関西電力・笠置発電所の改良工事に伴う安全祈願祭が、恵那市飯地町岩浪の現地で開かれた。同社の多田隆司執行役員や来賓の小坂喬峰市長ら関係者73人が出席、2025年5月の完成を目指す。

 笠置発電所は1936年11月に発電開始。建設中の新丸山ダム(八百津町)の水位が現在の丸山ダムより6・5メートル上昇するため…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文397文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  2. 元TOKIO山口達也容疑者を現行犯逮捕 酒気帯びでバイク運転の疑い

  3. 安倍政権が残したもの 解散総選挙乱発 「内交」になった外遊 姜尚中さん「支持率のための外交ショー」

  4. 羽生善治九段、藤井聡太王位に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです