メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

静岡の次代を担う書人たち

/6 県立美術館 18~23日 /静岡

渡邉唐雪「秋晴れ」

 (敬称略)

渡邉唐雪「秋晴れ」

 「僕の行進は颯爽(さっそう)と翻る青絹の旗」と14文字を縦一列に並べている。

 「颯爽と翻る青絹の旗、自分もこうありたいと願望を込めて清々(すがすが)しく表現したかった」と制作意図を記している。

 狙いが自然にほとばしり出たかのように、1行に文字を収めた力技だ。書人の真っすぐな思いがストレートに伝わってくるだろう。

 怜悧(れいり)な縦に伸びた細線と筆が大きく動いた部分の響き合い。「颯爽」「翻」など感動の焦点ともな…

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文502文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. 半グレ集団「モロッコ」幹部を風営法と労基法違反容疑で逮捕 深夜に少女働かせた疑い 大阪府警

  4. 3分でわかる政治の基礎知識 眞子さま、佳子さまは… 配偶者や子どもも皇族?女性宮家

  5. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです