メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明誠学院高・衛藤さん、文科大臣賞3冠 総文祭などで受賞 書の道「さらに追究」 /岡山

全国高校総合文化祭文科大臣賞の賞状を手にする衛藤仁胡さん=岡山市北区の明誠学院高で、石川勝己撮影

 佐賀県で7月に開催された第43回全国高校総合文化祭(総文祭)の書道部門で、明誠学院高(岡山市北区)の衛藤仁胡(にこ)さん(3年)が最高賞の文部科学大臣賞に選ばれた。同高書道部で部長を務める衛藤さんは、今年の全国書き初め大会や近江神宮(大津市)の書道大会でもそれぞれ文科大臣賞を受賞。「3冠」に輝いた衛藤さんは「受賞を励みにさらに書の奥深さを追究したい」と意欲を見せる。【石川勝己】

 明誠学院書道部は、「書の甲子園」として知られる国際高校生選抜書展で団体、個人とも上位入賞常連の強豪校。総文祭は全国の高校生代表による美術作品の展示や舞台発表など文化の祭典で、衛藤さんは、平安時代の歌集の書写本「香紙切(こうしぎれ)」の文字を基調に和泉式部の和歌をしたためた作品を出品した。香紙切の流麗な仮名文字をそっくりなぞるのではなく、自分のものとして和歌99首を縦21センチの紙45枚に書いて縦…

この記事は有料記事です。

残り479文字(全文870文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです