メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局長からの手紙

土佐町へ/下 夫は教育研究者 /高知

鈴木大裕さん=高知県土佐町の役場前で、井上大作撮影

 鈴木大裕(だいゆう)さん(45)は“過疎地”に理想を見いだし、人口4000人の土佐町に一家で移り住みました。

 その経歴は多才です。高校時代に米国留学し、大学院まで教育学を学んだ後、郷里の千葉市の公立中学で6年半、英語の教諭を務めました。米国に再留学し、コロンビア大大学院の博士課程に在籍。米国の公教育が崩壊する様子を著書にまとめます。2016年11月、ニューヨーク(NY)から土佐町に移住。今春の町議選ではトップ当選を果たします。

 今回は鈴木さんの経験や考え方をインタビュー形式で紹介します。お会いすると、教育研究者として言葉の正…

この記事は有料記事です。

残り1904文字(全文2170文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「この世界の片隅に」新作 すずとリンの会話が表す「家制度」「貧困」

  2. 首相の地元を歩く 「安倍か林か選べ」 下関で苛烈な自民の政争 「桜」前夜祭の参加者倍増を招いた市長選

  3. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  4. 「ホテル」「など」連発 首相は開き直った 「ご飯論法」上西教授と聞いた代表質問

  5. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです