メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第10部 マルハニチロ/1 完全養殖クロマグロ(その1)

いけすから水揚げされたクロマグロ=鹿児島県・奄美大島で8月28日、深津誠撮影

造れ、海のダイヤ

 鹿児島港から南に約400キロ離れた奄美大島の南西端。リアス式の入り組んだ海岸線と、対岸の島との海峡に、マルハニチロの養殖場が一面に広がっている。湖のように静かな海面に従業員がイワシをつけた釣り針を投げ入れると、巨大な魚がバシャバシャと激しい音を立てて一斉に飛びついた。数人がかりで引き上げたのが、黒光りするクロマグロだ。重さは100キロ近く。素早くえらと内臓をとって、クレーンで運搬船に積み込んだ。

 マルハニチロは2015年、完全養殖クロマグロの出荷を成功させた。ヨコワと呼ばれる天然の幼魚を育てて…

この記事は有料記事です。

残り939文字(全文1197文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  4. 「幸楽苑」150店舗を当面休業 台風19号が福島・郡山の工場に影響

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです