メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風15号1週間 千葉、停電7万戸 住宅被害、調査進まず

台風15号で被害を受け、屋根にブルーシートが掛けられた住宅。一部の地区ではいまだに停電が続いている=千葉県鋸南町で16日午後6時10分、佐々木順一撮影

 台風15号の影響で、千葉県では16日も約7万2800戸(午後10時現在)で停電が続いている。復旧には最長で今月27日までかかる見込みだ。9日の台風上陸から16日で1週間。暴風による住宅被害が多かった房総半島南部はこの日、強い雨が降り、復旧作業の遅れが懸念される。

 消防庁や千葉県によると、住宅被害は1都7県で3687棟に上る。内訳は、全壊7棟▽半壊9棟▽一部損壊3592棟▽床上・床下浸水79棟。地域別では千葉県が2831棟で最も多く、次いで神奈川県468棟、東京都208棟と続いた。ただ、千葉県では自治体が被災者対応に追われて被害調査が進んでおらず、全容は判明していない。

 この台風により、風にあおられて頭をぶつけた東京都の女性1人が死亡。また、停電が続く千葉県では熱中症…

この記事は有料記事です。

残り397文字(全文735文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  5. 新型肺炎「中国の感染者は推計5502人」 北大チーム、数百人は過小評価と分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです