メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

小中、熱中症防止へ一歩 暑さ指数で注意喚起/夏休み開始前倒し

暑さ指数などについて説明する大津市立中央小学校の高岸均校長=同市島の関で12日、渡辺諒撮影

 昨年の記録的な猛暑をきっかけに、小中学校での熱中症対策が進みつつある。道府県庁所在市、政令市、東京23区の教育委員会を対象にした毎日新聞の調査では、24市区教委が暑さ指数(WBGT)を参考に運動を制限するなどの独自ルールを設けており、暑さ指数を掲示して児童らに注意を促す学校もあった。一方で登下校中の発症をどう予防するかなど、新たな課題も浮かび上がった。【渡辺諒、斎藤有香、大場あい】

 「9月に入っても暑い日が続き、屋外で活動できなかった。久々に休み時間を外で過ごせて子供たちは楽しそ…

この記事は有料記事です。

残り2638文字(全文2881文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 日本悲願の8強、アジア初 スコットランド破りA組1位 世界ランキング過去最高7位に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです