メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みんなの広場

児相はプロとして子供救って=生活支援員・酒井美紀子・65

 (東京都日野市)

 「私が真実を話さなければ、亡くなったあの子は浮かばれない」。証言台に立った母親は、か細い声で肩を震わせた。再婚した夫の虐待から5歳の娘を守れなかった母親は、自身もドメスティックバイオレンス(DV)の被害者だった。これは20年前、私が初めて傍聴した虐待裁判の一場面だ。

 今は当時とは違い、児童虐待防止法も児童相談所と関係機関…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文429文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  2. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  5. 四国トピックス 「眼鏡曇らないマスク」 徳島の2店がコラボし開発 通気性抜群「接客業にぜひ」 /徳島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです