メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジ「直系」権限集中 エネルギー相に王族、非主流派は失脚

 世界有数の産油国サウジアラビアで、石油政策を統括するエネルギー相にサルマン国王の息子のアブドルアジズ王子が就任した。1932年のサウジ建国以来、王族出身者がこのポストに就くのは初。同じく国王の息子ムハンマド皇太子は既に外交・経済などで広範な実権を握っており、要職を「国王直系」で固めるサウジの姿勢が鮮明になっている。

 サウジのエネルギー相の政策や発言は日々の世界市場に影響するため、これまでは経済通の民間の専門家が登用されるのが慣例だった。英紙フィナンシャル・タイムズは「予想外の任命」と伝えたが、一方で王族とはいえアブドルアジズ氏も石油官庁に長年勤めた経験があり、経済の「素人」ではないとみられている。このポストは従来は「エネルギー産業鉱物資源相」だったが、8月に組織改編が発表され、「エネルギー相」が独立した。

この記事は有料記事です。

残り531文字(全文889文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今度は煉獄さん? 鬼滅の刃の引用で「弱き人助ける覚悟」問われた首相 衆院予算委

  2. 「無給医」巡り日本医科大に労基署が是正勧告 他の病院に影響も

  3. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  4. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  5. 衆院広島3区自民候補はなぜ決まらないのか 二階氏がある「範囲」で聞く地元の意向

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです