メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

診療報酬、3回連続減 20年度、薬価引き下げ 政府検討

 政府は2020年度の診療報酬改定について、社会保障費抑制の考えから、前回(18年度)、前々回(16年度)に続いて全体の改定率をマイナスにする検討に入った。過去2回同様、医師の技術料や人件費に当たる「本体」部分はプラス改定維持を目指しつつ、薬価を引き下げて全体がマイナスとなるよう調整する。政府関係者が明らかにした。

 診療報酬は医療の公定価格で、原則2年に1度改定される。政府が年末の予算編成時に改定率を決めた上で、厚生労働相の諮問機関「中央社会保険医療協議会」が個別の報酬額を決定する。18年度は全体でマイナス1・19%、16年度は同0・84%だった。

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文631文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内で新たに500人の感染確認 重症者は3人減の59人

  2. 香港の周庭氏に禁錮10月、初の実刑 黄氏は13月半 昨年警察包囲デモ

  3. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

  4. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  5. セガサミーがホンダを逆転 小野田、根岸が連続アーチ 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです