メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第10部 マルハニチロ/1 完全養殖クロマグロ(その2止)

人工ふ化させ4センチ程度に育ったクロマグロの稚魚=マルハニチロ提供

 

試行錯誤で生存率改善

 「クロマグロの種苗生産(完全養殖)を再開する」。増養殖事業部長の草野孝(69)は常務の伊藤滋(69)=現社長=のゴーサインを受けて、部員を集めた会議で宣言した。「本当にやるのか」。完全養殖の難しさを知っているだけに部員たちの間には微妙な空気が漂ったが、受精卵のふ化を任された神村祐司(47)は「難易度が高いからこそやりがいがある」と奮い立った。

 完全養殖の研究では、近畿大学が一歩先を行っていた。一方、マルハニチロは一度の中断で、それまで蓄積し…

この記事は有料記事です。

残り922文字(全文1156文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです