メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第10部 マルハニチロ/1 完全養殖クロマグロ(その2止)

人工ふ化させ4センチ程度に育ったクロマグロの稚魚=マルハニチロ提供

 

試行錯誤で生存率改善

 「クロマグロの種苗生産(完全養殖)を再開する」。増養殖事業部長の草野孝(69)は常務の伊藤滋(69)=現社長=のゴーサインを受けて、部員を集めた会議で宣言した。「本当にやるのか」。完全養殖の難しさを知っているだけに部員たちの間には微妙な空気が漂ったが、受精卵のふ化を任された神村祐司(47)は「難易度が高いからこそやりがいがある」と奮い立った。

 完全養殖の研究では、近畿大学が一歩先を行っていた。一方、マルハニチロは一度の中断で、それまで蓄積し…

この記事は有料記事です。

残り922文字(全文1156文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 玉沢元農相、自宅前で撃たれる 80代男が出頭、金銭トラブルか 命に別条なし

  3. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  4. 特集ワイド 新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

  5. 「脱皮」のダイオウグソクムシ死ぬ 世界初の前半部脱皮ならず 鳥羽水族館

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです