メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

備える時間有効に 台風対策

台風15号の強風で割れた千葉県木更津市の男性宅の窓=男性提供

 昨年は大阪、今年は首都圏を台風が直撃し、大きな被害をもたらした。ただ、台風は数日前から進路予報が示され、準備の時間がある。家庭でできる備えをまとめた。

 ●明かりを確保

 今月の台風15号被害で深刻だったのが停電だ。関東で最大93万5000戸が停電し、復旧の遅れも問題になった。

 大規模停電は、昨年9月の北海道地震でも起きた。登別市の遠藤奈津美さん(32)は「一番つらかったのは、給湯器が使えず湯が出なかったこと。震えながらシャワーを浴びた」と振り返る。

 遠藤さんがまず困ったのは、家族や友人との連絡や情報収集に使っていたスマートフォンの電池が、すぐに切…

この記事は有料記事です。

残り1380文字(全文1656文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです