メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球 阪神2-1巨人 新人王へ加速 阪神・近本、5人目150安打

 阪神が5投手による継投で競り勝った。

 同点の六回1死満塁で高山が押し出しの四球を選び、決勝点を挙げた。先発のガルシアは六回途中1失点で3勝目。

 巨人は拙攻が目立ち、中4日の先発で好投した桜井を援護できなかった。

「ミスター」にあと3本

 阪神のドラフト1位ルーキー近本が2安打、1四球、2盗塁でチームの全得点に絡む活躍。シーズンの安打数を150本に伸ばし、長嶋茂雄(巨人)が1958年にマークしたセ・リーグの新人最多安打記録に残り3本と迫った。

 同点の六回。先頭で打席に入るとカウント2―2から直球をとらえて、左翼フェンス直撃の二塁打を放った。…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文642文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  2. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  3. 「ふたご座流星群」見えるかな 14~15日が見ごろ、太平洋側は好天

  4. 「妻子3人の死亡は出勤前」法医学者証言 元巡査部長は「出勤時寝ていた」 福岡地裁公判

  5. 新千歳発の全日空機、引き返す 客室に「白い粉」拡散

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです