メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲秋場所 明生、一気に主役

すくい投げで琴奨菊(下)を破った明生=宮武祐希撮影

9日目(16日・両国国技館)

 隠岐の海が竜電に敗れて初黒星を喫し、幕内の勝ちっぱなしはいなくなった。1敗は隠岐の海と、元大関・琴奨菊を破って勝ち越しを決めた明生の平幕2人。

 10勝以上での大関復帰を目指す関脇・貴景勝は、玉鷲との激しい押し合いを制して2敗を守った。2敗はほかに、関脇・御嶽海と平幕の朝乃山。角番の大関陣は、豪栄道が正代を問題にせず6勝目。栃ノ心は小結・遠藤を立ち合いの変化で降し、4勝目を挙げた。

この記事は有料記事です。

残り1461文字(全文1667文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 「コネクティングルーム」宿泊 安倍首相が和泉補佐官を注意

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 大阪・なんばのビル屋上で火災 朝の繁華街、一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです