メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

語る・つなぐ

阪神大震災25年/3 田中保三 NPO法人 まち・コミュニケーション理事

NPO法人まち・コミュニケーション理事の田中保三さん=神戸市で、渡辺諒撮影

 都市部を最大震度7の地震が襲った阪神大震災は、復興が大きな課題となった。大規模火災に見舞われた神戸市長田区御蔵通(みくらどおり)で震災後の町づくり協議会長を務めた田中保三さん(78)は、ボランティアの受け入れ団体も設立するなど地域再生に奔走した。田中さんに、当時の様子や反省点を聞いた。【渡辺諒】

町に人戻る再興へ

 ――震災があった1995年1月17日の朝は家にいたのですか

 神戸市須磨区にある自宅の1階の仏間で、午前5時半ごろから日課の体操をしていた。急に下から突き上げら…

この記事は有料記事です。

残り1069文字(全文1306文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. ジャパンライフ被害者「国とぐるになって田舎の正直者をだました」 「桜を見る会」チラシで信用

  4. 伝説の金融庁検査官、目黒謙一さん死去 「半沢直樹」黒崎検査官のモデル

  5. 仮面ライダー 大人向け変身ベルト「CSM」イベント スチーム噴射、モーションセンサー搭載 “未来のベルト”も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです