メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女の気持ち

空心菜 福岡市東区・若色敦子(大学教員・59歳)

 買い物をしていたら「それ観葉植物ですか」と声をかけられた。買い物かごからは、手のひらほどの細長いハート形の葉が何枚かのぞいている。

 「空心菜ですよ」と答えながら「意外」と言う相手と一緒に、なるほどそう見えると感心した。近くの露店でさっき買ったものである。新聞紙でくるんでもはみ出すほどの大束だった。

 帰宅して見直すと確かにすっと伸びた姿がいい。数本を背の高いガラス器に生けてみた。どこから見ても観葉植物である。

 空心菜と言えば、以前、教え子の弁護士たちと熊本のタイ料理店で打ち合わせをしていたとき、空心菜の炒め物が出てきた。一人が「家でも作りたい。空心菜はどこで売っているのだろう」と言い出したので、ちょっと驚いた。「八百屋さんや直売所に普通にあるけど」と答えたら、全員首をかしげている。真夏の葉物としてはいたってポピュラーだと思っていたのだが。 昔からあったかと問われると自信がない。一般に流通するようになっ…

この記事は有料記事です。

残り208文字(全文614文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

  2. 熊本・球磨村の老人ホームで14人心肺停止 ほかに3人低体温症

  3. 東京で新たに131人感染 20代と30代で約100人

  4. 「聞いたことのない音がした」 各地で土砂崩れ、感じた命の危険 九州南部で大雨

  5. 時の在りか コロナに弱い側用人政治=伊藤智永

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです