メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊勢湾台風後に寄贈「愛のピアノ」  善意の音色、復活 60年前の惨禍伝える

伊勢湾台風で寄贈された「愛のピアノ」の伴奏で歌う園児ら=名古屋市南区氷室町2のみなみ保育園で6日、野村阿悠子撮影

 60年前に東海地方を襲った伊勢湾台風で、被災直後、大きな被害に心を痛めた米国の女優、シャーリー・マクレーンさんらの寄付を基に東海3県の小中学校に「愛のピアノ」47台が贈られた。記録が乏しく現存数は不明だが、約4年前に名古屋市南区の小学校で廃棄寸前の状態で見つかった1台が、保育園で輝きを取り戻し、伸びやかな音色を響かせている。【野村阿悠子】

 マクレーンさんは1983年に「愛と追憶の日々」でアカデミー賞主演女優賞を受賞した名女優。伊勢湾台風…

この記事は有料記事です。

残り889文字(全文1110文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです