メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

初の4DX版でMS戦を体感 コックピットがガタガタと…

「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」のビジュアル(C)創通・サンライズ

[PR]

 1988年に公開された劇場版アニメ「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」(富野由悠季監督)の4DX版の上映会が9月16日、ユナイテッド・シネマとしまえん(東京都練馬区)で開催され、モビルスーツ(MS)デザインを担当した出渕裕さん、アニメ評論家の藤津亮太さんが登場した。

 「ガンダム」シリーズの40周年記念プロジェクト「ガンダム映像新体験TOUR」の一環で、初めて4DX化された。「逆襲のシャア」は、MSの戦闘シーンが多いアニメだ。4DX版は、戦闘シーンの度に席が大きく揺れ、爆発が起きると風が強く吹き付ける。アムロ・レイが乗るνガンダムが落下するアクシズを押し戻そうとするシーンでも、席が激しく揺れ、まるでMSに乗っているような気分にもなる。4DX版を鑑賞した出渕さんは「コックピットがガタガタする芝居が多いので、体感している感じがある」と話した。

 4DXでは、嵐などのシーンで水がかかる演出もある。藤津さんは「クェス(・パラヤ)が唾を吐くところ。あそこは水が出ても面白かったかもしれませんね」と提案していた。

 「逆襲のシャア」は宇宙世紀0093年、シャア・アズナブルが新生ネオ・ジオン軍を率い、自らが総帥となって地球連邦政府に対して再び戦いを挑み、地球連邦軍のロンド・ベル隊のアムロ・レイがシャアの暴挙を阻止するために戦う姿を描いた。4DX版は9月26日まで上映される。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです