メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

氷川きよし

デビュー20周年を振り返る「1回の人生だから悔いなく自然体で」

氷川きよしさん

[PR]

 今年、デビュー20周年に突入した演歌歌手の氷川きよしさん。王道の演歌はもちろん、最近はポップスやビジュアル系ロック調のパフォーマンスなど表現の幅を広げている。華麗なキャリアを積み重ねデビュー20周年を迎えた“演歌界のプリンス”が、自身の活動を振り返った。

「自分らしく思い切りやろう!」と発想を転換

 ――20年の活動を振り返って、転機を迎えたのはいつごろですか?

 デビュー15周年のころですね。日本武道館(東京都千代田区)で記念コンサート(2014年)をして、その後に喉のポリープ除去手術を受けまして。実はそれまで10年近く喉が傷んだ状態で歌っていたので、ずっとつらかったんです。でも手術して以降、元の音域に戻って高音も使えるようになってきたので、演歌以外にもロックやポップスなど、歌う幅が広がりました。だから、15周年以降はいろいろと変わっていきましたね。

 ――デビュー時は22歳で、今や40代に。年齢を重ねるにつれ、歌に対する意識はどう変わってきましたか?

 演歌でデビューして、ありがたいことに皆さんに受け入れていただけて、歌の世界に青春をささげていました。でも、求められるイメージに追いついていくのに精いっぱいで……。年齢を重ねるごとに、もっと自分らしくでいいかな……と感じるようになってきたんです。そこで、人間としての自分自身を表現するために、どうしようかな? と考えたとき、「もっといろんな歌を歌っていきたい」と思うようになりました。

 そのタイミングでGReeeeNさんとのコラボレーション曲「碧し」や、「限界突破×サバイバー」など、思い切り思いをストレートに表現できる曲に出合って、自分の殻を破り、演歌というジャンルを超えて。そこでまた成長できるな、とも思ったんです。

 ――「限界突破×サバイバー」は、ビジュアル系ロックミュージシャンを思わせる表現が今、大きな話題となっています。

 もともと「限界突破×サバイバー」は、今とは違うビジュアルで見せていた曲なんです。森雪之丞先生が書いてくださっている歌詞もすごくすてきで、「限界を突破して可能性を広げよう」というメッセージをちゃんと残したい、伝えたいと改めて思ったんですね。そこで、まずは「自分を表現しよう」という方向性に決めたときに、今のような見せ方を思いつきました。

 アイシャドーを真っ黒に塗って、髪を振り乱し、ボディースーツみたいな衣装で、「自分らしく思い切りやろう!」と発想を転換したんです。それで演歌とのギャップが出たときに、皆さんが「何、何?!」と盛り上がってくださって。やはり注目していただけるのはうれしいですよね。そうやって「あれ?」と驚かせるのが好きなんです。

激しいパフォーマンスに観客「目が点」

 ――最新シングルの「大丈夫」は演歌でありながら、パフォーマンスは型破りです。そのようにアレンジを施しながら、演歌も歌い続けていかれるのでしょうか。

 ジャンルにこだわらず、いろいろ挑戦していきたいですね。その中で演歌を歌ってももちろんいいわけですし、演歌で勉強をさせてもらったからこそ自分の今があるので、ファンの方に感謝して、演歌作品はこれからも歌っていきます。1回の人生だから、悔いなく好きなように自然体で生きたほうがいいと思うんですよ。年齢と共に「もう時間がない」と思ってしまうので、「人にどう思われるか」より「自分がどう生きるか」が大切だな、と。

 それを訴えていけるのが歌の力でもあると思っています。伝えたいことを歌詞につづって、訴えて、皆さんを鼓舞したいですし。今はネット社会でいろんな情報が飛び交っていて、何が本当で何がうそか分からない、皆、生き方が分からない時代だと思うんです。だからこそ、「自分がいるから大丈夫だよ」と伝えられるような歌を歌っていきたいなと思っています。

 ――20周年記念全国ツアーが続行中ですが、今のところ手応えはいかがですか?

 昼夜2回公演をしていて、東京から離れれば離れるほど、平日の昼の部はやはりご高齢の方がおられるんですね。「限界突破×サバイバー」も公式YouTubeで公開しているあの通り、思い切りパフォーマンスしているんですけど、皆さん目が点になっています(笑い)。その反応が面白くて「もっと激しくやろう!」という気持ちになります。でも、皆さん一度ご覧になって、慣れたら免疫ができるから、ハマッてしまわれるんですよ。先日は握手会で 1000人の方と握手したんですが、「『限界突破×サバイバー』最高ね! もっとロック歌って!」と70代ぐらいのファンの方に言っていただきました(笑い)。

 ――9月6日、42歳の誕生日に大阪城ホール(大阪市中央区)で記念コンサートを開催、WOWOWでその模様が10月に放送されます。見どころなどをお聞かせください。

 誕生日だと、お越しくださるファンの方に気を使わせるのが、自分としては申し訳なくて。「お気持ちだけ十分です。プレゼントは本当にいらないので、手ぶらで来てください」「3時間半で曲数が44曲あるので、歌だけ聴いてくれたらいいですよ」とステージでお願いしています。日本武道館公演(7月11、12日)とは部分的に曲も変えていますので、楽しみにしていてください!

 *……WOWOWでは、氷川さんの特番「ヴォーカリスト 氷川きよしの魅力」を9月22日午後3時、42歳の誕生日にあたる9月6日に行った初の大阪城ホール単独公演の番組「氷川きよし デビュー20周年記念コンサート ~あなたがいるから~in大阪城ホール」を10月27日午後2時に、それぞれWOWOWプライムで放送する。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球ドラフト指名漏れ 近江高・林投手、西濃へ 「3年後、必ずプロに」 /岐阜

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  4. 津波来たらトラも逃げて 高知の動物園、高さ3メートル以上に避難棚設置

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです