メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北村地方相が釈明 長崎・石木ダム建設で「住民の犠牲避けられない」発言

北村誠吾・地方創生担当相=宮武祐希撮影

 北村誠吾・地方創生担当相は17日の閣議後記者会見で、長崎県川棚町の石木ダム建設に絡み、多くの人の生活のために住民の犠牲は避けられないとの認識を示したことについて、「私の不行き届きな発言で、不快な思いをされるようだったのなら、今後は十分注意したい」と述べた。一方で、発言を撤回する考えはないとした。

 北村氏は発言は「閣僚ではなく、長崎出身で、地元と関わりの深い市議や県議をした政治家として地元の問題を述べた」…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文510文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  2. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  3. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  4. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 マイナンバーと口座ひも付け 見え透いた国民監視の魂胆

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです