メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サンマなぜ減った?三つの要因 日本の乱獲、中台の先取り、海水温の変化…

サンマの資源量と日本の漁獲量の推移

 サンマの不漁が深刻だ。政府は「台湾と中国の漁獲が原因」だと北太平洋の資源管理を提唱したが、漁獲量の割り当てをめぐり各国・地域間のさや当てが始まった。国際問題に発展した記録的な不漁の原因、影響を探った。

 サンマ不漁の背景として指摘されているのが「資源量の減少」だ。国立研究開発法人水産研究・教育機構が6~7月に北太平洋で行った調査では、漁期の8~12月に日本漁船の漁場の北海道沖や三陸沖に来るサンマは推計約97万トン。調査を始めた2003年には約442万トンのサンマが確認されており、約4分の1まで減ることになる。

 日本やロシア、中国、韓国、台湾などが参加し、北太平洋での漁業資源管理について議論する国際会議、北太平洋漁業委員会(NPFC)が4月に開いた科学委員会でも、「サンマ資源量は1980年以降で最低となった」との現状認識を参加国間で共有した。

この記事は有料記事です。

残り759文字(全文1134文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

  2. フィギュアスケート NHK杯 高橋、34歳の新世界 アイスダンス初公式戦 「上出来」の2位発進

  3. 視聴室 十三人の刺客

  4. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  5. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです