メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本車への追加関税回避 日米首脳会談で文書化

茂木敏充外相=宮武祐希撮影

 日米貿易交渉の大枠合意を受けて、両国首脳が今月下旬に予定する協定署名に際し、米通商拡大法232条に基づく日本車への追加関税の回避を盛り込んだ文書を作成することが17日明らかになった。両首脳による共同声明に盛り込むことを検討している。

 茂木敏充外相は同日の記者会見で「(貿易協議の)仕上がりの段階で232条は課さないということを改めて確認する。何らかの文書を考える」と語った。日米は今月下旬、米ニューヨークで開催する国連総会に合わせた首脳会談の際に協定に署名する見通しだ。

 トランプ米大統領は自動車輸入を安全保障上の脅威と位置付け、232条による最大25%の追加関税を検討。日米両政府は昨年9月の首脳会談で貿易交渉入りを決めた際に、交渉期間中は追加関税を課さないことで一致していた。

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文800文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  3. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  4. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです