メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消費税ポイント解説

住宅ローン減税拡充、「次世代住宅ポイント」…市場冷え込み防げるか

住宅と自動車の主な購入支援策

 住宅や自動車は消費者にとって大きな買い物だ。消費税率引き上げの影響が大きいため、政府は増税後の市場冷え込みを防ぐため購入支援策を打ち出している。

 住宅の購入支援で柱となるのは、住宅ローン減税の拡充だ。住宅ローン減税はローン残高の1%を所得税などから10年間差し引く制度で、最大400万円が差し引かれる。10月からはこの期間を13年間に延長。11~13年目は、建物価格の2%分とローン残高の1%分を比べてどちらか少ない方を差し引く。10月以降の新規購入が対象となる。

 一定の所得を下回る人に住宅購入費用の一部を補助する「すまい給付金」も、現行の最大30万円から50万円に増やす。所得制限も従来の年収510万円以下から775万円以下に緩和する。

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文613文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  4. 重症者440人 急速に状況悪化 病床使用率も全国的に上昇 医療崩壊懸念

  5. 特権を問う 地位協定60年 米軍私有車、税減免14億円 政府間合意、自治体反発 19年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです