メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

IAEA総会で日韓応酬 福島汚染処理水巡り

福島第1原発の1号機(右)から4号機。奥は処理水貯蔵タンク=福島県大熊町で2019年2月14日、本社ヘリから手塚耕一郎撮影

 東京電力福島第1原発の汚染処理水を巡り、16日に開幕した国際原子力機関(IAEA)総会で、日本と韓国が激しい議論の応酬を展開した。韓国は、日本が問題を解決せず、「世界中に恐怖と不安を広げている」と非難。一方、日本はIAEAと連携し、国際社会に十分な情報を提供していると反論した。日韓の関係悪化がIAEAの場にも持ち込まれた形だ。

 総会で、竹本直一・科学技術担当相は福島第1原発の処理水について、多核種除去設備(ALPS)で処理し…

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文655文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 天皇陛下即位パレード延期、首相が表明 「即位礼正殿の儀」は実施

  5. 保護猫たちのニャン生 (2)おむすび 「いらない」と言われて来たけれど

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです