メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジ石油施設攻撃 ミサイルはイランから 米CNNが報道

攻撃を受け、黒煙を上げるサウジアラムコの石油施設の衛星写真=サウジアラビア東部アブカイクで2019年9月14日、AP

 サウジアラビアの石油施設に対する攻撃について、米CNNは17日、米国とサウジ政府による調査で、攻撃がイラン国内の基地から発射されたミサイルなどによって行われた可能性が極めて高いことが判明したと報じた。トランプ米大統領は「イランによるものとみられる」としていたが、イランは関与を強く否定。米政府が正式にイランの関与を断定すれば、中東情勢の緊張がさらに高まることは不可避だ。

 CNNは調査関係筋の話として、低空飛行する巡航ミサイルなどがイラン・イラク国境近くにあるイランの基地から発射されたと報道。ミサイルはイラクとクウェートの上空を飛行し、標的になったサウジ東部アブカイクなどの石油施設を爆撃した。

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文601文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  3. くらしナビ・ライフスタイル @大学 大学・企業の変革主導に期待 「ジェンダー・ダイバーシティー」シンポ

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 大ガス、温室効果ガス2050年ゼロ宣言 「環境保護や社会貢献を意識」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです