メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震の廃材 カフェで輝く リサイクル店から転身 大津町

天井を取り払い開放感を演出したワイルドカフェの店内=熊本県大津町で2019年7月30日午後0時30分、城島勇人撮影

 2016年4月の熊本地震で被災して一時は廃業を考えた熊本県大津町のリサイクルショップ経営者が、被災家屋の廃材などで店舗をリフォームし、カフェ「ワイルドカフェ」としてよみがえらせた。映画にも出てきそうなアメリカンテイストの倉庫型店で、今年3月のオープン以来「『インスタ映え』する店」として人気を集めている。

 オーナーの高松秀幸さん(40)は父滋幸さん(71)とリサイクルショップを経営していた。しかしフリーマーケットサイトの台頭などで売り上げが低迷。そこに熊本地震が起きた。店舗は一部損壊し、陳列していた家電や食器類などの商品も壊れて廃棄するしかなくなった。

この記事は有料記事です。

残り606文字(全文885文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「第2波の渦中」北九州市長が危機感 「この2週間が正念場」と協力要請

  2. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 特集ワイド 池上彰さんと語る感染症 ジャーナリスト・増田ユリヤさん

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです