メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

堺あおり運転殺人、弁護側が上告 懲役16年維持の2審判決に不服

裁判所=ゲッティ

[PR]

 堺市で昨年7月、乗用車であおり運転をして故意にオートバイに衝突し、男子大学生(当時22歳)を殺害したとして殺人罪に問われた元警備員、中村精寛(あきひろ)被告(41)の弁護側は17日、1審に続き懲役16年とした大阪高裁判決(11日)を不服として、最高裁に上告した。

 高裁判決は1審同様、中村被告に大学生が死んでも構わないという「未必の故意」があったと認定した。判決によると、被告は昨年7月2日夜、堺市南区で乗用車を運転中、大学4年の高田拓海さんのバイクに追い抜かれたことに立腹。追跡して時速96~97キロで車を衝突させて殺害した。【村松洋】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです