メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤井七段、羽生九段、豊島名人…王将戦リーグ、18日開幕 7棋士が挑戦権争う

藤井聡太七段

 第69期大阪王将杯王将戦(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、大阪王将特別協賛)のリーグ戦が18日、開幕する。順位戦C級1組在籍で初参加の現役最年少棋士、藤井聡太七段(17)と、羽生善治九段(48)ら全員がリーグ経験のある名人・A級棋士6人の計7人が総当たりで挑戦権を争う。渡辺明王将(35)との七番勝負は来年1月に開幕予定で、藤井はタイトル挑戦・獲得の最年少記録を、羽生は前人未到のタイトル獲得通算100期を目指す戦いになる。

 リーグ戦参加棋士(丸数字は順位)は①久保利明九段(44)②糸谷哲郎八段(30)③広瀬章人竜王(32)④豊島将之名人(29)⑤羽生九段⑤三浦弘行九段(45)⑤藤井七段。藤井以外は全員、タイトル経験者でもある。

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文642文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  3. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです