メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

イナズマロックフェス2018の開会宣言を行う西川貴教さん=滋賀県草津市の烏丸半島で2018年9月22日午後1時59分、成松秋穂撮影

 滋賀県出身のアーティスト、西川貴教さん(48)が琵琶湖の環境保全と地域振興をテーマに企画する音楽フェス「イナズマロックフェス2019」が21、22の両日、同県草津市の烏丸半島で開催される。2009年に始まり、今年で11回目。16年は雷雨のため2日目が公演途中で中止になり、振り替え公演をした17年は本公演の2日目が台風の接近で中止になるなど、トラブルを乗り越えて湖国に定着した「イナズマ」。今年の開催を前に、毎日新聞の単独インタビューに応じた西川さんが「11回目にかける思い」や「ふるさと滋賀への思い」などを語った。【聞き手・成松秋穂】

この記事は有料記事です。

残り2182文字(全文2451文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 軽ワゴンとデイサービス送迎車が衝突、5人死傷 滋賀・湖南

  5. 羽生結弦がMVP「本当に幸せ」 新設のISUスケーティング・アワード

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです