メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たばこの箱に警告画像を 医療系学会がデザイン公募 採用作は国に提示へ

喫煙者の歯をイメージしたオーストラリアのたばこの警告=WHO西太平洋事務局提供

 日本のたばこのパッケージが写真やイラストで喫煙の健康リスクを警告していないのは国際的に遅れているとして、医療系学会などで作る団体が表示デザインの公募を始めた。採用作品を国に示して検討を促すとともに、各学会で啓発教材として活用するという。

 公募しているのは日本呼吸器学会、日本小児科学会など30学会が参加する「禁煙推進学術ネットワーク」。

 たばこの箱は現在、「肺がんの原因の一つとなります」などの警告を面積の30%以上を使って表示すること…

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文544文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 災害時…電気、ガス、水が乏しくてもポリ袋で簡単調理

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです