メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たばこの箱に警告画像を 医療系学会がデザイン公募 採用作は国に提示へ

喫煙者の歯をイメージしたオーストラリアのたばこの警告=WHO西太平洋事務局提供

 日本のたばこのパッケージが写真やイラストで喫煙の健康リスクを警告していないのは国際的に遅れているとして、医療系学会などで作る団体が表示デザインの公募を始めた。採用作品を国に示して検討を促すとともに、各学会で啓発教材として活用するという。

 公募しているのは日本呼吸器学会、日本小児科学会など30学会が参加する「禁煙推進学術ネットワーク」。

 たばこの箱は現在、「肺がんの原因の一つとなります」などの警告を面積の30%以上を使って表示することが義務付けられている。たばこ事業を所管する財務省は、2020年東京五輪に向け面積を50%以上に広げる方針だが、諸外国で見られる傷んだ臓器などの画像表示は「過度に不快感を与えないようにするのが必要」として採用の構えがない。

この記事は有料記事です。

残り215文字(全文544文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  3. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  4. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです