メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

1敗の隠岐の海と明生に土 両関脇と朝乃山は2敗守る 秋場所10日目

志摩ノ海(左)を寄り切りで降した朝乃山=東京・両国国技館で2019年9月17日、梅村直承撮影

 大相撲秋場所10日目は17日、東京・両国国技館で行われ、1敗力士がそろって敗れた。隠岐の海は佐田の海に寄り倒され、明生は新入幕・剣翔の上手投げに屈した。

 両関脇は2敗を守った。10勝以上での大関復帰を目指す貴景勝は、正代を立ち合いから圧倒して押し倒し。御嶽海は玉鷲を土俵際のはたき込みで降した。平幕の朝乃山も志摩ノ海を寄り切り、勝ち越しを決めた。

 角番の大関陣は、豪栄道が小結・阿炎に押し出され4敗に後退。栃ノ心は千代大龍を寄り切り、星を五分に戻…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文511文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  3. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  4. 集合住宅に女子高生の絞殺遺体 住人の男も首をつり死亡 兵庫県警

  5. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです