メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「待つなら待つで大変」レース回避かどうか、大迫揺れる胸中漏らす

MGCでも使用したナイキの「ズームエックス・ヴェイパーフライ・ネクスト%」を手にする大迫傑=東京都内で2019年9月17日午後3時52分、小林悠太撮影

 東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」(15日)で3位になり、今後の動向が注目される大迫傑(ナイキ)が17日、東京都内で報道陣の取材に応じ、代表最後の3枠目を争う国内レースについて「待つなら待つで大変なこと。出るなら出るで覚悟して臨まないといけない」と揺れる胸中を吐露した。

 3枠目は12月~来年3月の国内3大会(福岡国際、東京、びわ湖毎日)で、大迫の日本記録より1秒速い2時間5分49秒を突破した最速タイムの選手が選ばれる。対象者なしの場合はMGC3位の大迫が代表になる。

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文644文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲・塩村文夏議員の看板壊される 世田谷の事務所、郵便受けも被害

  2. ブラジルの感染者、50万人超え 1カ月足らずで5倍 死者3万人に迫る

  3. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  4. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  5. 老舗漬物店「丸八やたら漬」廃業へ 5月末で 観光客の減少響く 山形

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです