メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビー日本代表が練習公開 ロシア戦に向けラインアウト強化 スピードが鍵

ラインアウトのコンビネーションについて確認するラグビー日本代表の選手たち=東京都内で2019年9月17日午前8時52分、黒川優撮影

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本代表は17日、ロシアとの開幕戦(20日、東京・味の素スタジアム)に向け、東京都内でラインアウトの練習などに取り組んだ。壮行試合となった6日の南アフリカ戦ではラインアウトから良い球を出せず、攻撃のリズムをつかめなかった日本。スピード豊かな動きでロシアを上回れるかが、カギになりそうだ。

 この日、公開された15分間の練習中、FW陣はラインアウトの連係を何度も確認した。フッカー堀江(パナソニック)らがボールを投げ入れ、ロックのムーア(サニックス)らジャンパーを持ち上げて「タワー」を作り、より高い位置でのキャッチを試みた。メンバーを入れ替えながら攻撃側と防御側が互いに相手より早く、高いタワーを作ることを徹底した。

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文626文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  3. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです