メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不調のチームで興梠が奮闘 浦和、ACL準決勝進出

前半、先制ゴールを決めて笑顔の浦和・興梠=埼玉スタジアムで2019年9月17日、宮間俊樹撮影

 サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)で準決勝進出を決めた浦和。得点の予兆はあった。上海上港の守りはボールサイドに偏り、反対のサイドが空きがちだ。

 左から右サイドの橋岡への展開で、惜しいシュートが生まれた後の前半39分。DFラインの右から、岩波が大きなサイドチェンジのパスを送った。関根がキープして、中央に興梠が入ってくるタイミングを計る。そして、右足からのクロスを上げると、興梠がきれいに頭で合わせ、GKの手に、次いでクロスバーに当たって…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文567文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 初の「東京アラート」発令へ 感染再拡大の兆候 悪化なら休業再要請検討

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

  5. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです