メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「カーズ」のR・オケイセックさん死去 18年「ロックの殿堂」入り(スポニチ)

[PR]

 1970年代後半から80年代前半にかけ人気を博した米ロックバンド「カーズ」のソングライターを務めたリック・オケイセックさんが15日、ニューヨーク市の自宅で死去した。75歳。70歳との報道もある。死因は明らかになっていない。米誌ビルボードなどが報じた。

 共同電によると、東部メリーランド州生まれ。76年にカーズを結成し78年にデビュー。ボーカル兼ギターとして活躍し「ドライヴ」「ユー・マイト・シンク」などを収めた84年のアルバム「ハートビート・シティ」が世界的に大ヒットするなど、パンクブーム終了後の「ニューウエーブ」シーンをリードした。解散後は米人気バンド「ウィーザー」などのプロデューサーとしても活躍。18年にはカーズのメンバーとして「ロックの殿堂」入りした。(スポニチ)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『ドラえもん』1巻、21世紀で最大の単月実売数 55.5万部「0巻」効果で新たなブーム

  2. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  3. 地球史の境界「最後の地磁気逆転」明瞭な痕跡、世界が認定 「チバニアン」決定

  4. 「名簿廃棄記録のログは廃棄しておりません」「調査はしません」 「桜」17日野党ヒアリング詳報

  5. エンタメノート 新iPhone「5G待ち」する? AppleTV+にも注目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです