メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

ペルシャ文学者が見たイラン、米国、そして日本 外交にこそ、文化が必要

=川崎市麻生区で、吉田航太撮影

 対立が深刻化する米イラン関係は解決の糸口が見えない。中東の大国イランは米国との対話を拒み、国際社会で孤立を深めているようにも見える。ところが、東京外国語大名誉教授でペルシャ文学研究の第一人者、岡田恵美子さん(87)は「イランは昔も今も言葉と文化を大切にする国。これほど誤解されている国はない」と訴える。そんなイランと貴重な交流を持ち続ける日本が米イラン間の仲介役として果たすべき役割にも触れ、「今の日本は米国に遠慮ばかり。属国のようだ」と嘆く。【鵜塚健】

 岡田さんはイスラム革命(1979年)前の王政時代だった63年から4年間、イランへ単身留学し、博士号…

この記事は有料記事です。

残り2533文字(全文2811文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです