メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 このコラムでは、外濠(そとぼり)の再生について2回書いている。1回目は浮世絵を取り上げ、いかに江戸が水の都であったかを振り返り、法政大学エコ地域デザイン研究センターが外濠に再び玉川上水の水を引き込み、水質を上げようと計画していることを紹介した。

 2回目はそのエコ地域デザイン研究センター、外濠市民塾、そして周辺の大学、学校、企業の集まりである「外濠再生懇談会」が中心になって「外濠の再生を考えるシンポジウム」を開催したその様子を伝えた。当日披露された「外濠ビジョン2036」という将来構想と「外濠四季絵巻」という絵も紹介した。

 これらの活動をもとに、つい先日、中央大学の福原紀彦学長、東京理科大学の松本洋一郎学長、そして私の3…

この記事は有料記事です。

残り457文字(全文771文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 死因は脳挫滅 滋賀のトランク閉じ込め男性死亡 監禁容疑で少年ら7人逮捕

  4. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  5. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです