メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

片山泰輔・静岡文化芸術大教授 政治家は表現内容に口出せぬ あいちトリエンナーレ「不自由展」中止問題

片山泰輔・静岡文化芸術大教授=東京都港区で

 愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」中止を巡り政治家の発言が相次いでいる。「公税の使い道」を理由に政治家が文化事業の内容に踏み込む発言をするのは適切か。文化政策が専門の片山泰輔静岡文化芸術大教授に聞いた。【永田晶子】

 同芸術祭は事業費約12億円で愛知県が約6億、名古屋市が約2億円を負担。既に採択された文化庁の補助金約7800万円も含む(交付は年度末の見込み)。入場料収入や企業協賛金も見込んでいるが、総額の6割超が税金で賄われている。

 そうした事情を背景に8月1日の開幕直後から従軍慰安婦から着想した少女像などが出展された「不自由展」…

この記事は有料記事です。

残り1164文字(全文1461文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです