メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニッポンへの発言

キーワード 又吉直樹『人間』の凄み=中森明夫

小説『人間』連載開始時、インタビューに答える又吉直樹さん=毎日新聞東京本社で、宮間俊樹撮影

 又吉直樹の新作小説『人間』(毎日新聞出版)を読んだ。10月10日刊のプルーフ(見本)が届き、いち早く読んで評したいと思った。本紙夕刊に連載された新聞小説というご縁もある。芥川賞受賞の大ベストセラー『火花』、続く『劇場』の中編2作、第3作の今作は著者初の長編小説である。

 主人公はイラストレーター兼コラムニストだ。38歳の誕生日に古い知人からメールが届き、20年前の回想へと至る。漫画家志望の青年・永山は、大阪から上京して「ハウス」と呼ばれる共同住居に暮らす。芸術家志望の若者たちが住むそこで日々、議論を交わし、確執がある。どこか懐かしい青春群像劇だ。文中に加川良の名も見えるが、加川の名曲「下宿屋」を想起した。

 又吉の小説は会話が生き、思弁的な内容が関西弁で和らげられ、ちょっと織田作之助(『夫婦善哉』)の趣も…

この記事は有料記事です。

残り1308文字(全文1664文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  4. 「幸楽苑」150店舗を当面休業 台風19号が福島・郡山の工場に影響

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです